佐川美術館

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第9回目です。

あっという間に12月。本当に月日が経つのが早いですね(笑)

アートギャラリーも今回で9回目となりました。

振り返って見ると、結構「美術館」が多い事に気付きました。

今月も美術館です。

きっと、写真が撮りやすいからだと思うのですが、建物自体も、ひとつの作品となっているからでしょうね・・・

今回ご紹介するのは、滋賀県守山市にある「佐川美術館」です。

佐川美術館は、佐川急便の創業40周年記念事業の一環として98年3月に開館し、07年に増築されています。

日本画家の平山郁夫、彫刻家の佐藤忠良、陶芸家の樂吉左衞門の作品を中心に、常設展示がメインの施設です。

緑いっぱいの駐車場は気持ちいいです。

p1080688.JPG 

屋外便所もシンプルで上品。

p1080689.JPG

バス停もしっかりデザインされています。 

p1080694.JPG 

正門には受付ブースがあります。

p1080696.JPG

この庇はややオーバ-サイズのように感じます。

p1080695.JPG 

正門を抜けると、水面に浮かぶ大きな建物が現れます。

p1080697.JPG

建物は2棟あり、手前が平山邦夫館、奥が佐藤忠良館となっています。

p1080732.JPG 

一人一棟なんですね。なんとも贅沢です。

この橋を渡って、水庭(人工池)を超えます。

p1080731.JPG 

大屋根がこの建物のシンボルであり、かなりの奥行きがあります。

p1080699.JPG

水庭に立つ円柱のあるアプローチを歩いていくと、一番奥に建物の玄関があります。

p1080701.JPG 

建物の規模にしては、こぢんまりした玄関ですね。

p1080705.JPG 

中に入ると大きなエントランスホールがあります。

p1080708.JPG

同じく、エントランスホール(見返り) 

p1080710.JPG

2つの棟(建物)は回廊によってつながっており、回廊の真ん中も水庭(人工池)があります。

p1080720.JPG

p1080724.JPG 

正面奥に見えるのは喫茶コーナー。真ん中の水庭(人工池)に面しています。

p1080722.JPG

奥にも建物を発見。これは樂吉左衞門の展示館か?と思いきや、茶室らしいです。

p1080713.JPG

実はこの茶室の下(地下)に展示室があるんです。

p1080714.JPG 

結構暗いです。目が悪い人には少し危ないかも・・・

p1080719.JPG

水庭(人工池)にあるトップライトから、光を取り入れています。

p1080716.JPG

ここが一番落ち着く場所でした(笑)

p1080715.JPG

紹介が最後になりましたが、設計は竹中工務店です。

緻密なディテールは、アトリエ系の設計事務所とは又違った味がありますね。

建物もグッドデザイン賞を受賞しています。

まだ行かれて無い方は、是非とも見に行って下さい。

【建物データ】 佐川美術館

設  計:竹中工務店(設計施工)

所在地:滋賀県守山市水保町2891

用  途:美術館

構    造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造

規  模:地上1階・地下1階

竣  工:1998年3月(樂吉左衞門館は2007年9月)

掲  載:新建築2008年2月号(樂吉左衞門館)