滋賀県立琵琶湖文化館

このたび東日本一帯を襲った未曾有の巨大地震により、被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げると共に、犠牲になられた方々とご遺族の皆さまに対し、深くお悔やみを申し上げます。

一刻も早い安全確保と、復旧復興をお祈り申し上げます。

 

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第13回目です。

平成23年度がはじまり、アートギャラリー も2年目に突入しました。

今年も色んな建物を紹介していきたいと思います。

又、有名な建築家が設計した建物に限らず、ユニークな建物も織り交ぜていきますので、楽しみにして下さい。

今回紹介するのは、大津の湖岸に佇む、滋賀県立琵琶湖文化館です。

西武大津ショッピングセンターから浜大津大津方面に進み、8月に紹介した「びわ湖ホール」の奥に、その建物はあります。

はっきり言って古い!そしてお城をイメージした?ユニークな外観。

p1090493.JPG

お城の形をした部分が本館、反対側の低層部分が別館、真ん中が連絡通路と呼ばれています。

別館は八角形をしています。

p1090495.JPG

この建物は、今からちょうど50年前の昭和36年(1961)3月20日に開館しました。

滋賀県の歴史や美術を総合的に紹介する、滋賀県最初の公立博物館です。又、水族館、植物園、レストランなどを擁す総合レジャー施設でした。

外観からは想像できませんが、地下には25mプールも併設されていました。

残念ながら耐震や県の財政事情により、平成20年4月から休館(閉館)となっており、今では外観しか見る事ができません。

p1090490.JPG

休館をお知らせする看板。

部屋の配置は、この看板でしか確認する事ができません。

p1090487.JPG

看板にはありませんが、確か1階部分が水族館でした。

卒業設計で水族館を計画していた私は、滋賀県建築課の紹介で、琵琶湖文化館のバックヤードを特別に見学させてもらった事を良く覚えています。

今から20年以上前の話しです・・・(笑)

この角度からの眺めが一番カッコイイ!

p1090485.JPG

びわ湖に浮かぶ建物本館。

p1090484.JPG

隣りにあるのは「滋賀県警察本部」。

p1090500.JPG

何とも対照的ですね。

船着場を兼ねた本館脚元部分。

p1090499.JPG

建物上部には、何故かトンボのレリーフが・・・(笑)

p1090492.JPG

このトンボには、ちゃんと名前がついています。

p1090498.JPG

マスコットキャラクター「あきつ君」です。

元々は、健康と明朗の象徴として本館頂上に設置されました。

琵琶湖文化館からびわ湖を望む。

p1090481.JPG

ちょうど、外輪船「ミシガン」が航行していました。

p1090480.JPG

5階の展望室からは、もっと壮大な景色が広がっていたでしょうね。

最後になりますが、水族館部門は烏丸半島にできた「琵琶湖博物館」にその用途が移行されました。

この施設が再び利用される事は無いかも知れません。

ただ、古いからという理由だけで、取り壊される事だけは避けて欲しいと思いました。

 

【建物データ】

設  計:吉田工業株式会社

所在地:滋賀県大津市打出浜1-1

用    途:博物館

構  造:鉄筋コンクリート造

規  模:地上5階、地下1階

竣  工:1961年3月

掲  載:-