京都国際マンガミュージアム

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第27回目です。

今回紹介するのは、京都市中京区にある「京都国際マンガミュージアム」です。

小学校の統合によって廃校となった龍池小学校を改修した、とてもユニークな

建物です!

マンガ学部を持つ京都精華大学と、土地・建物を提供した京都市の共同事業

によって整備が進められました。

元々の小学校は京都市営繕課による設計で、改修設計は類設計室 です。

敷地隅より建物を見る。

p1120147.JPG

当然ですが、小学校の雰囲気ですね(笑)

カラフルなタイル張りの、施設入口塀。

p1120150.JPG

建物は旧校舎をベースにして、部分的に増築しています。

p1120161.JPG

カーテンウォールのところは、増築部分ですね!

p1120158.JPG

ベージュの外壁とガラスカーテンウォールが、とてもマッチしています。

手前には木製デッキがあって、屋外で自由にマンガが読めるという訳です!

p1120156.JPG

又、グラウンドであった部分には、全面人工芝が敷かれています。

p1120152.JPG

のんびりしてて、癒しの空間ですね(笑)

パープル色のパネルで囲われた正面玄関。

p1120169.JPG

少し小さめですね。

施設ロゴもデザインされています。

p1120153.JPG

カッコイイです。

こちらは増築部分に作られた通用口。

p1120164.JPG

庇先端のディテール。

p1120165.JPG

シャープで繊細な印象です。

正面玄関から中へ入ってみます。

p1120155.JPG

大きなホールがあります。

インフォメーションの様子。

p1120199.JPG

向かって右には、発券機とグッズショップがあります。

ガラスカーテンウォールの内部は、2層吹抜けとなっています。

p1120157.JPG

棚にはマンガがぎっしり(笑)

吹抜け2階は、渡り廊下が通っています。

p1120188.JPG

吹抜けの壁面には大きなオブジェが・・・

p1120190.JPG

手塚治虫氏の「火の鳥」ですね!

続いて、旧校舎部分をのぞいてみます。

廊下部分には書棚が連なっていました。

p1120179.JPG

消火栓も上手にはめ込まれています。

p1120183.JPG

教室側の様子。

しっかり設計されているのがわかります。

p1120182.JPG

読書室として利用されているようです。

p1120181.JPG

エレベーターは増築部に設置されています。

p1120184.JPG

エレベーターホールにも、読書用のイスがありますね・・・

校舎なので当たり前ですが、廊下の突き当りには階段がありました。

p1120173.JPG

ここは昔の面影を残していますね!

p1120176.JPG

テラゾの手摺壁がレトロでGOOD!

p1120178.JPG

階段の踏み面は、綺麗なモザイクタイル張りです。

p1120177.JPG

ここは当時のままでしょうね!

再び外部へ。

アールの窓とシンメトリーのファサード。

p1120160.JPG

時計も良い感じです!

p1120162.JPG

旧校舎も、とてもおしゃれでした!

最後になりますが、とても上手くリニューアルされている建物だと感じました。

小学校のレトロな雰囲気と、増築部のシャープなデザインが、お互いを引き立

たせています。

広いグラウンドに寝転びながら、1日のんびり過ごせる施設です。

取材時は建物に見とれてしまったので、今度はゆっくりとマンガを読みに行き

たいです(笑)

新年度が始まって2ヶ月、少し疲れが出た頃ですよね。

心のリフレッシュに、是非とものぞいて見て下さい!

【建物データ】

設  計:類設計室(改修設計)

所在地:京都市中京区金吹町452

用  途:博物館

構  造:鉄筋コンクリート造

規  模:地上3階

竣  工:2006年

掲  載: -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です