京都市勧業館(みやこめっせ)

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第28回目です。

今回紹介するのは、京都岡崎公園内にある「京都市勧業館(みやこめっせ)」

です。

毎回、京都の建物でごめんなさい・・・

通称「みやこめっせ」と呼ばれるこの建物は、平安遷都1200年事業の一つと

して、平成8年に建てられました。

3つの展示場を中心に、京都の伝統産業を紹介する「ふれあい館」を併設する

総合施設です。

設計は川崎清、京都大学名誉教授です。

あまり馴染みが無いかも知れませんが、設計は元より、まちづくりや都市計画に

も精通され、大型プロジェクトの審査も務められるなど、いわば建築界の指導的

な立場におられる方です。

私たちの身近なところでは、信楽町景観形成基本計画制定や、京都駅の設計

コンペでの審査員長などが有名で、最近では改築されたJR奈良駅を設計され

ています。

早速、建物を紹介したいと思います。

建物全景。

p1120264.JPG

と言いつつ・・・施設が大きすぎて全景を撮影できません(笑)

道路の反対側から見ても、こんな感じです。

p1120266.JPG

そんな中にあって、真っ赤に目立つものが・・・

そう、清水九兵衛氏のオブジェです。

p1120255.JPG

題名は「朱鳥舞」、1996年の作品とあります。

p1120253.JPG

この清水九兵衛先生(故人)の赤いオブジェは、結構至るところで見ることがで

きます。

甲羅が連なったようなオブジェを、皆さんも探してみて下さい!

話しがそれてしまいました・・・

歩道に沿ってつくられた、掲示板を兼ねた案内板?

p1120267.JPG

建物銘板を発見!

p1120269.JPG

木を使っていますが、ちょっとミスマッチですね。

案内板の裏には自転車が・・・

p1120280.JPG

駐輪場スペースとして設計されたか?疑問です。

いつも言っていますが、最初からしっかりと設計して欲しいものです・・・

この建物は基本的にシンメトリーですが、低層部の端部に変化があります。

向かって右側は喫茶コーナー。

p1120256.JPG

手前には水庭が。

p1120261.JPG

反対側は事務部門のような感じですね。

p1120285.JPG

ここには車寄せがあり、内部につながっています。

p1120278.JPG

又、その手前には地下駐車場の進入口もありました。

p1120272.JPG

外部からは見にくいのですが、正面にはカスケードがあります。

p1120284.JPG

地下1階にも、採光と開放感をもたらしています。

外部から、このカスケードにおりることも可能です。

p1120282.JPG

来館者の入口はここから。

p1120279.JPG

横から見ると、結構奥行きがあるのがわかります。

p1120262.JPG

三角形の切り込みは、照明器具ですね。

p1120294.JPG

正面玄関は、かなりシンプルです。

p1120296.JPG

この玄関は左右2箇所にあります。

この2つの玄関を挟んで、エントランスホールがあります。

p1120298.JPG

1階のレべルから少し下がっていて、かなり落ち着いた雰囲気です。

外部から見ると良くわかります。

p1120283.JPG

エントランスホールも2層吹抜けですね。

p1120305.JPG

写真では見にくいですが、丸柱は淡いピンクで統一されています。

個人的には、もう少しピンクがはっきりしていてもいいなぁ~という印象。

反対側の壁は、逆にインパクトがあります。

p1120300.JPG

アルミダイキャスト?のデザインパネルが張られています。

p1120307.JPG

超~高そうです(笑)

又、ゴールドの三角形の処には、エスカレーターがあります。

写真ではわかりにくいですが、かなり輝いています!

p1120309.JPG

展示場なので、サインも大きく見やすいです。

p1120313.JPG

外国人にも対応したサイン。

p1120310.JPG

4カ国語に対応していました。

その反面、施設の総合案内所はわかりにくい処にありました。

p1120311.JPG

展示室の入口。

p1120302.JPG

デザインされた照明がGOOD!

p1120303.JPG

階段室にもおしゃれな演出がありました。

p1120315.JPG

奥行きを有効活用した、展示ショーケース。

p1120314.JPG

室内の照明も三角形ですね(笑)

p1120318.JPG

統一感を出したかったのでしょうが、少しやり過ぎかも・・・

地下駐車場への階段もデザインされています。

p1120244.JPG

この手摺りはNGですね。

p1120245.JPG

はっきり言って持ちにくい!福祉基準にも合ってないです。

このあたりは、しっかり設計して欲しいものです。

地下駐車場にて、面白い案内サインを発見!

p1120320.JPG

近くに行ってみると、専用スペースがありました。

p1120321.JPG

これからは普通に見かけるようになるんでしょうね。

再び外部に出てみました。

建物側面。

p1120290.JPG

大壁面ですが、周囲に緑があり威圧感がありません(驚)

p1120289.JPG

反対側の壁面は、かなり凝っています。

p1120275.JPG

ここも三角形ですね(笑)

やはり、少しやり過ぎかなぁ~。

p1120276.JPG

帰り際、建物の裏側に回ってみましたが、やはり良く見えませんでした。

p1120325.JPG

最後になりますが、用途上、かなり大規模な施設ですが、周辺に緑をうまく配置

したり、建物を後退させたりと、その大きさを感じさせない印象でした。

京都の景観に配慮しているなぁ~と感じました。

だた、建物自体は少し、オーバースペックなところもあったと思います。

展示場には行く機会が少ないかも知れませんが、京都の伝統産業を紹介する

「ふれあい館」は身近な京都を味わえる施設です。是非とも覗いて見て下さい!

ふれあい館入口。

p1120248.JPG

【建物データ】

設  計:川崎清+環境・建築研究所

所在地:京都市左京区岡崎最勝寺町9番地の1

用    途:展示場

構    造:鉄筋コンクリート造

規    模:地上4階、地下2階

竣    工:1996年

掲    載:新建築1996年7月号