栗東芸術文化会館さきら(SAKIRA)

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第31回です。

今回紹介するのは、栗東市にある「栗東芸術文化会館さきら」 です。

設計は川崎清、京都大学名誉教授です。

後から気付いたのですが、7月に紹介した「京都市勧業館(みやこめっせ)」と

同じ設計者ですね(驚)

共に大型公共施設なので、共通項があるかも知れません・・・

早速、建物を紹介したいと思います。

自宅から車で向かうこと30分、まずは隣接する立体駐車場へ。

p1120961.JPG

駐車場から建物を見る。

p1120834.JPG

すぐ隣りにあるのがわかります。

駐車場と「さきら」は、専用通路で結ばれていて、雨にかかることなく移動可能

です。

p1120842.JPG

p1120841.JPG

とても便利でGOOD!

又、この通路には駐輪場も併設されていました。

p1120977.JPG

今迄にも色々な施設をのぞいてきましたが、玄関と駐輪場が離れている場合

が多く、非常に良くまとめられていると思います!

駐車場からの通用口。

p1120844.JPG

とてもシンプルですね(笑)

建物の正面玄関はこんな感じです。

p1120845.JPG

建物全景。

p1120855.JPG

ご覧のように、施設の前には大きなイベント広場があります。

p1120846.JPG

なかなかの広さで、子供の良き遊び場になっています。

地域に対して開放されているのは、大変良いと思います!

イベント広場には、人口池もつくられています。

p1120848.JPG

なんと、水が張られているではありませんか!(驚)

p1120864.JPG

夏の暑いときは、きっと賑わっていたでしょうね(笑)

これは休憩用の東屋。

p1120861.JPG

残念ながら、建物とのデザインの統一性がありませんね・・・

また、広場の立体駐車場側には、段々になった緑地がありました。

p1120856.JPG

きっと、屋外ステージですね。

上がってみると、かなりの雑草が生えています。

p1120860.JPG

竣工当時の写真を見ると、綺麗な芝生でした(笑)

この面積を草刈りするのは大変ですが、もう少し整備して欲しいですね。

敷地が広い分、話しも大きくそれてしまいました。すいません・・・

建物正面は、白っぽいカーテンウォールとなっています。

p1120862.JPG

とても清潔感があります!

壁面のディテール。

p1120877.JPG

ガラス面からセットバックして、薄い石が張られています。

白く見えるのは、この石の色ですね・・・

全て石張りではなく、部分的に開口が切られています。

p1120868.JPG

デザイン上の、良きアクセントになっていますね!

p1120873.JPG

1階は喫茶コーナーのようです。

p1120874.JPG

前には水庭が設けられています。

p1120863.JPG

「京都市勧業館(みやこめっせ)」にも、同じようなスペースがありました。

是非、比較して見て下さい!

早速、ガラス天井の風除室を通って室内へ。

p1120937.JPG

2層吹抜けの開放的なアトリウム。

p1120945.JPG

アトリウムから外部を見ると、壁面に模様があるのがわかります。

p1120882.JPG

薄い大理石が光を透過して、綺麗なマーブル模様を写し出しているんですね!

天井の照明はシンプルですが、洗練されたデザインです。

p1120904.JPG

オレンジのラインが目立つ円柱は、エレベーターです。

p1120903.JPG

入口は裏側です。

p1120905.JPG

1階平面図のサインを発見!

少し見にくくて、ごめんなさい・・・

p1120892.JPG

続いて、2階平面図。

p1120891.JPG

左の中ホール、右の大ホールは2層構成で、中央の1階が事務部門、2階が

小ホールになっています。

事務部門手前にある受付カウンター。誰もいません(笑)

p1120897.JPG

カウンターの横には、授乳室がありました。

p1120894.JPG

下足室(前室)に、工夫が欲しかったなぁ~

階段下に置かれたコインロッカー。

p1120895.JPG

いつも言ってますが、最初から設置場所を考えて欲しかったなぁ~残念。

カラフルな色の階段で2階へ。

p1120888.JPG

良く見ると、コルクタイルが使用されていました。

p1120924.JPG

歩き心地はGOOD!

2階はホワイエしか紹介できず、残念。

p1120925.JPG

中ホールと小ホールの間に設けられた中庭。

p1120934.JPG

上手に光を取り入れていますね!

再び外部に出てみます。

p1120950.JPG

コンサートホールは、どうしても大壁面が威圧感を出すのですが、「さきら」は、

それをあまり感じさせません・・・

アール形状の屋根の影響でしょうか?

p1120865.JPG

でも、谷部分からの雨漏れが少し心配です。

一旦敷地を出て、裏に回ってみます。

敷地周囲は並木道になっています。

p1120956.JPG

先ほど指摘した大壁面は、周囲の緑地で上手く隠されていますね。

p1120958.JPG

これも、「京都市勧業館(みやこめっせ)」と同じ手法を取り入れています。

広々としたバックヤード。

p1120965.JPG

大道具の搬入もしやすそうです。

搬入口の庇。後付けしたのでしょうか?

p1120966.JPG

ミスマッチです・・・

RCの囲いが作られたゴミ置き場

p1120964.JPG

これだけ大きな施設でも、収納不足なのですね(笑)

p1120974.JPG

ゴミ置き場と同じように囲ってほしかったなぁ~

最後になりますが、大変立派な文化ホール!というのが率直な印象です。

市民に開放されたイベント広場はとてもユニークで、とても好印象でした。

その反面、細部まで管理されてないところも見受けられました。

新幹線誘致が中止となった栗東市において、維持管理費が問題になっている

とも聞きました。

現在は市の管理から指定管理者に移管されているようですが、人々が集う器

は整っていると思うので、市民や地域に愛され続けて欲しいと感じました。

JR栗東駅前にあるので、是非とものぞいて見て下さい。

【設計データ】

設    計:川崎清+環境・建築研究所

所在地: 滋賀県栗東市綣二丁目1番28号

用    途:コンサートホール

構  造:鉄筋コンクリート造

規    模:地上2階

竣    工:1999年2月

掲    載:新建築1999年10月号