ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館)

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第52回目です。

今回紹介するのはヤオコー川越美術館です。

関西では馴染みが薄いですが、スーパーマーケットのチェーンストアである

ヤオコーが、2010年の同社創業120周年を記念して、本社を置く川越市

に建設されました。

設計は世界的建築家、伊東豊雄氏です。

500㎡にも満たない小規模施設を、世界の伊東豊雄氏がどのようにまとめ

あげたのか?興味深々です。

早速のぞいてみましょう!

最寄りのバス停を降りて5分程歩くと、のどかな住宅地の一角に、その建物

はあります。

p1200062.JPG

コンクリート打放しの箱(BOX)が、現れました!

p1190940.JPG

建物手前のシンボルツリーが印象的。

ツリーサークルがベンチになっています。

p1190941.JPG

正面より建物全体を見る。

p1190945.JPG

ほとんど窓がありませんね・・・

正面向かって右側には駐車スペースがあります

p1200043.JPG

グランドレベルは緑化が施されています。

p1200047.JPG

この車椅子マークはわかりにくいです。少し不親切ですね・・・

建物周りには人口池がつくられています。

p1190946.JPG

かなり浅い感じで、魚の姿はありません(笑)

p1190947.JPG

又、とても綺麗に管理されています。

かなり低い位置に切られた窓。

p1200055.JPG

椅子の脚が見えています。中の人と、視線は合いません。

建物入口の様子。

p1190937.JPG

外壁面に対して、斜めに出入口サッシがついています。

計算されたように、陰影が差し込んでいますね・・・

p1200011.JPG

壁面にはシンプルな建物銘板が・・・

p1190938.JPG

小さいですが、オレンジのロゴがおしゃれです!

中に入ると、真っ赤な壁面に目を奪われます(驚)

p1190954.JPG

ヤオコー社長&三栖右嗣氏の挨拶が、プリントされています!

手前のワゴンには、おしゃれなグッズが一杯です。

p1200041.JPG

伊東豊雄氏関連のグッズの方が多いかも・・・(笑)

とてもシンプルな受付カウンター。

p1200039.JPG

館内の案内板を発見!

p1200020.JPG

大きく4つのブロックに分けられているのがわかりますね。

展示室は2部屋しかありません・・・

展示室1の様子。

p1190984.JPG

真ん中には、大きな「きのこ」のような?柱があります(笑)

脚元の明かりが幻想的。

柱の上部。どこからが天井なのでしょうか?

p1190985.JPG

壁面の絵画より、完全に目立っています(笑)

続いて、展示室2へ・・・

p1190989.JPG

とても落ち着いた雰囲気がGOODです!

柔らかな自然光が、天井から降り注ぎます。

p1200036.JPG

展示室1との対比が素晴らしいです。

真中に置かれたソファーも、オブジェに見えてしまいます・・・

p1200037.JPG

3番目の部屋はラウンジになっています。

p1190951.JPG

p1200034.JPG

ゆっくり作品を鑑賞した後で、ティータイム。

p1200026.JPG

玄関脇にあった窓から外部を臨む。

低い位置に切られているので、うまく視線を遮っていますね!

天井に目を向けると、アクリルの波板が全面に貼られていました(驚)

p1200027.JPG

スポットライトはありますが、照明器具は見当たりません・・・

p1190931.JPG

喫茶カウンターの様子。

p1190936.JPG

受付カウンターと一体化していて、とても機能的です。

続いてトイレをのぞいてみます。

p1190958.JPG

奥へ続く通路は、結構狭いですね・・・

p1190980.JPG

男子トイレの扉には、とても可愛らしいピクトサインが・・・

p1190968.JPG

良く見ると、ブルーのところは色紙が貼られています(笑)

決して広くはないですが、機能的にレイアウトされています。

p1190971.JPG

p1190973.JPG

再び外部に出てみます。

人口池の外側にある遊歩道を散策。

p1190993.JPG

富士山のような突起は、展示室2にあったトップライトですね(笑)

p1190999.JPG

本館と統一したデザインの附属棟。 

p1200003.JPG

何やら売店のようなものがあります・・・

p1190995.JPG

美術館のスタッフに尋ねたところ、土地を提供された方が野菜を販売されて

いるそうです。

これも伊東氏の設計です(笑)

それにしても、全く窓の無い建物ですね~

p1200004.JPG

ようやく見つけたのは、通用口。

p1200006.JPG

小さな橋は、遊び心一杯ですね!

ぐるっと一周してきたら、スタッフが掃除をされていました(笑)

p1200009.JPG

やはり、水(池)の管理は大変です・・・

最後になりますが、さすが伊東豊雄氏の設計だなぁ~というのが率直な感想

です。

美術館でありながら、自然光を巧みに取り入れるテクニックには、ただ脱帽の

一言です。

埼玉県なので、直ぐに見に行く訳にはいきませんが、東京に遊びに行かれた

際は、池袋からわりと近いので、是非とものぞいてみて下さい!

 

【設計データ】

設    計:伊東豊雄/伊東豊雄建築設計事務所

所在地:埼玉県川越市氷川町109-1

用    途:美術館

構    造:壁式鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造

規    模:地上1階

竣    工:2011年12月

掲    載:新建築2012年5月号