サイエンスワールド(岐阜県先端科学技術体験センター)

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきいました」第67回目です。

清々しい 季節となった10月、皆さん元気でお過ごしでしょうか?

今回も岐阜県の施設を紹介します。

先月、「岐阜県現代陶芸美術館」を取材したあと、観光パンフレットを見て

たら、とても気になる施設を発見したので、ちらっとのぞいてみることに

ました(笑)

車を走らせていると、変な形の施設を発見!

p1240278.JPG

シンプルでとても見やすい看板。

p1240150.JPG

正式名称は、「岐阜県先端科学技術体験センター」なのですが、通称である

「サイエンスワールド」は、中高生からの公募で決まったそうです。

建物に続いて、変な形の外灯が・・・

p1240155.JPG

と思いきや、「GPS連続観測点」と書かれているではありませんか?

p1240154.JPG

こんなの初めて見ました(笑)

さすが、先端科学センターですね・・・

正面より、円錐形の建物を臨む。

p1240149.JPG

この形?・・・建築を少しでもかじった人であれば、何となくわかると思いま

すが、「グッケンハイム美術館」のコピーですね!

ただし、世間を騒がせているオリンピックロゴのような、完全コピーでは無

いので、ご安心下さい(笑)

建物脇をのぞくと、奥に長い建物であることがわかります。

手前には、シンプルな駐輪場。

p1240146.JPG

脚元が錆びているのが残念・・・

p1240147.JPG

円錐形部分の1階は、ピロティになっています。

p1240159.JPG

柱も変な形です(驚)

p1240158.JPG

真下から、円錐状の外壁を臨む。

p1240276.JPG

スクエアの小窓が、良いアクセントになっていますね!

p1240156.JPG

三角形をデザインしたフロントサッシ。

p1240161.JPG

赤いシリンダー形状の正面玄関。

p1240157.JPG

ユニークな案内パネルが、来館者を迎えます。

p1240160.JPG

風除室を入ると・・・

p1240168.JPG

天井の梁を意図的に見せていますね!

ゆったりとした風除室の壁には、掲示物が・・・

p1240171.JPG

毎回思うのですが、掲示コーナーは、最初から設計に盛り込んで欲しいも

です・・・

玄関を入ったホール部分。

p1240261.JPG

脇にある受付コーナーはオープンタイプです。

p1240260.JPG

良く見ると、「中部建築賞」の受賞盾が飾ってありました。

p1240258.JPG

反対側にあるグッズコーナー

p1240255.JPG

階段下に、にわかに作られた感じで残念。

ビビットカラーの扉はエレベーターです。

p1240175.JPG

廻りの壁がRCなので、違和感はありません。

メインスペースは、2層吹抜けで開放感バツグン!

p1240179.JPG

子供達も夢中です(笑)

p1240183.JPG

夏場は暑そうで、窓には布製のシェードが設置されています。

p1240182.JPG

良く見ると、市販の防炎シートでした(笑)

p1240181.JPG

メインスペースに沿って、小部屋が配置されています。

p1240185.JPG

図書コーナーでしょうか?

p1240190.JPG

大人の休憩スペースになっていますね(笑)

更に奥に進んでみます。

p1240194.JPG

吹抜けをうまく利用した空間は、「スペシャルラボ」の名称。

p1240205.JPG

白衣(実験着)を着た人の様子が、良くわかります。

p1240206.JPG

2階にも体験コーナーが目白押し。

p1240221.JPG

ダンボール製の迷路は大人気!

p1240220.JPG

こちらは、専門的な学習ができる、「サイエンスラボ」です。

p1240216.JPG

入口のTVモニターで、講座を案内。

p1240215.JPG

恒例のトイレチェック!

p1240225.JPG

予想に反して、地味なトイレでした(笑)

洗面コーナーも、たくさんあるのですが・・・

p1240223.JPG

幼児のために、せめて1ヶ所位は低くして欲しかったです。

デザインされた、吹抜け部分の天井。

p1240240.JPG

良く見ると、デッキプレートに塗装しただけです。

p1240241.JPG

ローコストで、うまく工夫されています。

階段もスチールに塗装仕上げでシンプル。

p1240188.JPG

シンプルすぎて、少し危険なところもあるようです。

p1240210.JPG

赤い扉に上に書かれた、「サイエンスショー」のサイン。

p1240232.JPG

中に入ってみると・・・

p1240242.JPG

小さなシアターがありました。

ステージも設置されています。

p1240243.JPG

子供にはワクワクの空間ですね・・・

出口のホールには、施設の模型が展示されていました。

p1240227.JPG

p1240228.JPG

こうやって全体を見ると、本当に大きな施設であることがわかります。

再び施設の外へ・・・

外壁が、かなり傾いていますね。

p1240163.JPG

出入口も、このような納まりになります。

p1240266.JPG

階段状のベンチになった土間。

p1240263.JPG

左手の緑の中には小川が流れていて、ホタルの観察ができるそうです!

最後になりますが、しっかりとしたハード面を備えているのは勿論のこと、

何よりスタッフがたくさん居ることに、とても感心しました。

当日は、大勢の子供たちが入館していましたが、ほとんど待ち時間無く、

各コーナーを利用していました。

児童施設の企画では、多くの実績をもつ仙田満氏の設計であることも、

納得ですね!

少し遠いですが、滋賀県から訪れる人も多いそうなので、是非とも家族

でのぞいて見て下さい(笑)

【設計データ】

設    計:仙田満/環境デザイン研究所

所在地:岐阜県瑞穂市明世町戸狩54

用    途:科学館

構    造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造

規    模:地上2階

竣    工:1999年7月

掲    載: -