道の駅 可児ッテ

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第80回目です。

朝夕の気温差が大きくなり、めっきり秋めいてきましたが、皆さん、元気で

お過ごしでしょうか?

アートギャラリーも、80回の大台に乗りました(笑)

だんだんネタが少なくなってきましたが、これからも頑張っていきますので、

応援の程、よろしくお願い致します!

さて、今回紹介するのは、岐阜県可児市にあります、道の駅「可児ッテ」

です。

設計は、長野県出身の北川原温氏。

初めて紹介する建築家です!

東海環状自動車道・可児御嵩インターを降りて、しばらく車を走らせると、

「可児ッテ」の案内板が見えてきます・・・

img_3109.JPG

駐車場は、車が停められない程の多さ(驚)

img_3108.JPG

建物全景。

img_3047.JPG

車中からでもよく分かる看板です!

img_3052.JPG

道の駅の案内看板。

img_3019.JPG

施設の紹介が書かれています・・・

img_3021.JPG

img_3022.JPG

建物周囲には、沢山の露店が(笑)

img_2998.JPG

建物の雰囲気が判りにくく、ごめんなさい・・・

外壁に設置されたロゴ。

img_3000.JPG

外壁には木が張られています。

img_3034.JPG

不透明の塗装なので、木の風合いが感じられず、少し残念。

正面入口は、あまり目立ちません・・・

img_3061.JPG

スチールのハンガードア。

img_3065.JPG

あまり綺麗な納まりではありません・・・

img_3066.JPG

早速、室内へ・・・

地元の特産品販売コーナー。

img_3067.JPG

沢山の人で一杯です(驚)

内壁のディテール。

img_3071.JPG

石膏ボード素地に角材で紐が打ってあります。

かなり安価に作られています! と思いきや、天井を見上げると、高そうな

照明が設置されていました。

img_3070.JPG

少し、バランスが悪いですね。

奥には、イートインコーナーがあります。

img_3074.JPG

カウンター向かいにある手洗い。

img_3076.JPG

テーブル席上部にも、沢山の照明が・・・(笑)

img_3073.JPG

再び、外に出てみます。

この施設には円形の屋外広場があります。

img_3058.JPG

当日は、フリーマーケットが開催されていました。

不規則な柱列に屋根をぐるりと廻してあります。

img_3057.JPG

この屋根は、雨よけと言うよりは、エリアを囲むだけですね・・・

この部分の屋根はシート防水仕上げになっていました。

img_3060.JPG

建物外部にも不規則な柱列があります。

img_3102.JPG

デザインされた、おしゃれな窓。

img_3094.JPG

近づいてみると、あまり綺麗な納まりではありません・・・

img_3095.JPG

水切り無しで、雨の日が心配ですね(笑)

img_3098.JPG

建物に裏が無いので、醜い部分が目立ちます(泣)

img_3039.JPG

きっと、倉庫スペースが少ないのでしょうね・・・

img_3040.JPG

空調室外機置場。

img_3044.JPG

結構、お金を掛けています。

img_3045.JPG

同じ並びに、屋外倉庫?がありました。

img_3042.JPG

自販機コーナーの様子。

img_3001.JPG

中途半端な大きさで、とても残念・・・

キュービクル置場でも、中途半端な囲いがあります。

img_3124.JPG

側道側からの外観。

img_3129.JPG

続いて、交差点から施設を臨む。

img_3132.JPG

何となく、円形広場の形状がわかりますでしょうか?

img_3133.JPG

敷地内にあるもう一棟は、トイレ&無料休憩所です。

img_3117.JPG

こちらは、北川原氏の作品では無いようです・・・

道の駅は、どこでもそうですが、発注先が違うので、全く違う外観の施設が

できてしまいます。 この点は、何とか改善して欲しいものですね!

トイレ入口付近の様子。

img_3002.JPG

別棟ですが、一応、トイレチェックしておきます(笑)

小便器はユニット式です。

img_3005.JPG

トイレブースは、パーチクルボードの高級仕様。

img_3006.JPG

普通のデザインですが、機能性重視となっていて、GOODです!

無料休憩所の入口。

img_3028.JPG

いつも思うのですが、「無料」という表示は必要なのでしょうか?

今の時代に、何だか貧乏臭いと思いませんか?

室内の様子。

img_3027.JPG

地域のパンフレット等が沢山置いてあり、一般放送のTVも見れて、快適な

空間でした(笑)

駐車場から続く、渡り廊下。

img_3012.JPG

可児ッテとは、接続されていません・・・

あまり意味ないですね!

軒先のディテール。

img_3014.JPG

渡り廊下と一体となった車椅子用駐車スペース。

img_3009.JPG

ここまでの高さが、本当に必要なのでしょうか?

img_3024.JPG

駐車場へ戻る途中に見つけた、馬鹿でかい受水槽(驚)

img_3139.JPG

よく見ると、災害機能を備えたものでした。

img_3137.JPG

最後になりますが、初登場である北川原氏の作品はいかがでしたか?

私個人としては、正直言ってかなり期待ハズレでした。

先進気鋭の建築家にしては、デザインや細かなディテールが、中途半端

だったように思います。

予算有りきだったかも知れませんが、ローコスト設計のコンセプトも、少し

ブレていたと感じました。

その半面、多くの人に利用されており、竣工後、かなりの年月が経過し

いますが、地域に根ざしたランドマーク的な施設である事は、間違いあり

ません!

滋賀県のお隣りの岐阜県で、日帰りドライブにはちょうど良い距離にある

で、ご家族で、是非とものぞいてみて下さい!

【設計データ】

設 計:北川原温/北川原温建築都市研究所

所在地:岐阜県可児市柿田字杉坪416-1

用 途:物販店舗、飲食店

構 造:木造

規 模:地上1階

竣 工:2010年

掲 載:-