可児市文化創造センター ala

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第88回目です。

今日から7月、早くも一年の半分が過ぎましたね(笑)

一体、梅雨はどこへ行ったのやら?・・・という感じですが、皆さん

元気で過ごしでしょうか?

今回紹介するのは、お隣の岐阜県可児市にあります『可児市文化創造

ター』です。

この施設の愛称は「ala(アーラ)」といい、イタリア語で「翼」

意味します。

設計は香山壽夫(ひさお)氏。

余りなじみが薄いかも知れませんが、東京大学名誉教授で、日本建築

学会賞や日本芸術院賞を始め、数々の賞を受けられている偉~い先生

なんです!

では早速、のぞいてみましょう!

広大な駐車場に車を停めて、施設に向かいます。

img_4255.JPG

施設への渡り廊下。

img_4259.JPG

軒先のディテール。

img_4260.JPG

なかなか凝っていますね!

渡り廊下は、長い道のりです・・・

img_4263.JPG

道路も横断します(笑)

img_4267.JPG

途中には車椅子駐車スペースがありました。

img_4269.JPG

雨には濡れませんが、施設玄関から少し遠いように思います。

このスペースは駐輪場なのでしょうか?(笑)

「ala」のロゴは、ちゃんと翼がデザインされていますね!

img_4273.JPG

大きな庇が印象的な外観。

img_4281.JPG

何と、軒天は銅板仕上げです!(驚)

img_4287.JPG

結構、お金がかかっていますね~

施設はL型配置です。

img_4279.JPG

その中心には、大きな広場があります。

img_4302.JPG

奥に見えるのは、屋外ステージでしょうか?

何から何まで、大きなスケールでびっくりです!

玄関は2層吹抜けのガラス張り。

img_4290.JPG

中に入ると、広々としたエントランスが続きます・・・

img_4356.JPG

銅板の天井が室内まで続いています(驚)

片隅に置かれた模型を発見!

img_4366.JPG

隣りには、たくさんの表彰盾が置かれています。

もう少し、ちゃんと飾って欲しいものです(怒)

こちらは情報コーナー。

img_4369.JPG

メインの位置にありながら、とても落ち着いた雰囲気です。

続いて、大ホールのホワイエに移動してみます。

エントランスホールと同じような雰囲気です。

少し変化があっても良いかも・・・

シンプルでとても見やすい座席案内板。

主劇場は、宇宙(そら)のホールと書かれています。

大きなガラス窓がありながら、トップライトが設けられています!

宇宙(そら)のホールなので、星を見るためでしょうか?(笑)

ここで恒例のトイレチェックです!

ベージュを基調とした内装は、落ち着いた雰囲気です。

img_4435.JPG

最近はホワイトが主流なので、少し古さを感じてしまいます・・・

L型の中心に置かれた施設案内板。

こちらが小劇場、虹(にじ)のホールです。

イベント開催中で内部を写せず、ごめんなさい。

階段を上がって2階へ・・・

こちらのトップライトはとても効果的です!

会議室等の小部屋がまとめられています。

img_4432.JPG

チャイルドスペースも充実!

img_4433.JPG

ゆったりした幅の廊下はGOODです!

休憩スペースは、どこも学生の自習室になってしまいますね(笑)

img_4448.JPG

外部に向かって設置されたステンドガラス。

img_4437.JPG

市民の手作りと書かれています(驚)

img_4438.JPG

2階から、エントランスを見下ろす。

バックヤードの階段で1階へ・・・

手摺が少し重々しいです。

img_4375.JPG

再び外部に出てみます・・・

こんなところに駐輪場がありました。

img_4316.JPG

あえて柱を傾けていますが、イマイチです・・・

平板を金物止めした珍しい外壁。

img_4326.JPG

ディテールを見る。

img_4324.JPG

主劇場の舞台上部、吊物があるところです!

img_4328.JPG

シルバーの金属サイディング仕上げ。

この部分のデザインはとても難しいですね・・・ 

続いて、バックヤードに向かいます。

img_4333.JPG

単調になりがちな開口部も、ちゃんと工夫していますね!

img_4340.JPG

こちらは主劇場の大道具搬入口。

かなり高さがありますね(驚)

劇場楽屋口の片持ち庇がすご~いです!

中に入ってみます。

シンプルな素材でまとめています。

階段を上がると、正面入口に戻ります。

更に奥に進んでいきます・・・

img_4421.JPG

何も催しがなく、バックヤードも見れて良かったです(笑)

最後になりますが、久々の大規模建築はいかがでしたか?

紹介できていない処もたくさんあり、取材泣かせの建物でした(泣)

とても立派な建物ですが、可児市の人口を調べた処、約99000人

でした。

甲賀市が90000人なので、あまり変わりませんね(笑)

人口に比べて少し大きすぎる施設のようにも思いますが、とにかく

羨ましいです・・・

中部地方に行かれた際には、是非とものぞいてみてください!

 

【設計データ】

設 計:香山壽夫建築研究所

所在地:岐阜県可児市下恵土3433-139

用 途:文化施設

構 造:鉄筋コンクリート造 鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造

規 模:地上4階、地下2階

竣 工:2002年3月 

掲 載 :新建築2002年9月号