モザイクタイルミュージアム

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第91回目です。

大型台風がいくつもやってきて、朝夕めっきり涼しくなってきました

が、皆さんお元気ですか?

今回紹介するのは、陶器の街・多治見市にあります「モザイクタイル

ミュージアム」です。

設計は、日本を代表する建築史家・建築家である藤森照信氏。

実は、このブログには2回目の登場なんですよ~

2015年7月(第64回)に紹介した「ラ・コリーナ近江八幡」を

覚えておられますか?

なんとなく雰囲気が似ているなぁ~と思っていました。

そのあたりを比較しながら見ていただくのも面白いと思います!

では、早速のぞいてみましょう・・・

ユニークな外観の建物を発見!

img_5094.JPG

一般駐車場へ車を停めて戻ります。

いくつかの施設が集約されているようです。

img_5103.JPG

奥に見えるレンガ調の建物は「Azalea Hall」と書かれて

います。

img_5101.JPG

こちらは屋外便所のようです。

img_5104.JPG

一応、モサイクタイルが貼られていますが・・・

img_5106.JPG

敷地全体として調和があれば、なお良かったですね・・・

奥に目をやると、とてもインパクトのある建物にビックリ!

img_5109.JPG

うねったアプローチを進んでいきます・・・

img_5111.JPG

玄関前に張られているのは、大型の石でしょうか?

img_1602.JPG

モザイクタイルの形状ですね・・・

ここが正面玄関です。

img_1598.JPG

扉や庇の形状が、とても可愛いらしいです(笑)

混雑時には、少し使いづらいかも知れません・・・

外壁は荒々しい土壁塗りです。

img_1601.JPG

至るところにモザイクタイルが埋め込まれています。

img_5116.JPG

アール主体の外壁に対して、スクエアの窓がとても新鮮です!

img_5118.JPG

続いて中に入ってみます。

正面にある受付カウンター。

img_5124.JPG

受付横にあるのは、休憩スペース?

img_5134.JPG

椅子が少なめでで、窮屈そうです・・・

モザイクタイルでデコレーションされた車が、とても印象的!

img_5136.JPG

内壁はRC打放しにボーダーの塗装が施してあります。

img_5144.JPG

ローコストでユニークですね(驚)

初めて見ました・・・

館内案内図が雑に貼られていました(笑)

img_5151.JPG

まずはEVで最上階に上がってみます。

img_5147.JPG

屋上のテラス。

img_1576.JPG

ワイヤーに付いているのは、モザイクタイルです。

img_1582.JPG

半屋外にある、奥の展示場。

img_5179.JPG

モザイクアートで溢れていますね。

屋内消火栓BOXもタイル張り!

img_1579.JPG

衝突防止金物も、タイルです!

img_1583.JPG

ここまで徹底していると、逆に気持ちイイですね(笑)

階段で2階に下りてみます。

img_5152.JPG

デザインですが、点字と間違えませんかねぇ~?

img_1575.JPG

2階の展示室。

img_5161.JPG

壁面に並べられたサンプル。

img_5164.JPG

協賛企業のブースでしょうか?

部屋の隅に置かれた模型を発見!

img_5160.JPG

何度見ても何処から見ても、ユニークですね~

コンパクトにまとめられたAVコーナー。

img_1586.JPG

ここで恒例のトイレチェック!

img_1593.JPG

今回は多目的トイレです。

img_1587.JPG

やはり壁に目がいきます。

このタイルはガラス調で、とても綺麗です!

img_1591.JPG

続いて1階へ・・・

窓が無いので、とても暗いです。

img_5167.JPG

逆にイイ感じを醸し出しています。

踊り場に設けられた展示スペース!

img_5166.JPG

自然光を巧みに利用していて、GOODです!

ノンスリップもありません(笑)

img_5168.JPG

1階にある体験コーナー。

img_5129.JPG

色々な物にモザイクタイルを貼り付ける仕組みです・・・

子供にも出来て、大盛況ですね(笑)

美術館には欠かせないミュージアムショップ。

img_5125.JPG

めちゃめちゃ売り上げているようです(驚) 

img_5126.JPG

再び外部に出てみます・・・

外壁と屋根の取り合い。

img_5115.JPG

屋根は平瓦葺きですね。

img_5114.JPG

窯変タイルの色合いは、いつ見てもイイですね~

この面は地面から全て屋根です。

img_5097.JPG

バックヤードの様子。

img_5093.JPG

少しごちゃごちゃしていますが、気になる程ではありません。

取って付けたような屋根庇には・・・

img_5081.JPG

車椅子用駐車スペースがありました!

img_5084.JPG

屋根のディテール。

img_5083.JPG

もう少し、デザインして欲しかったですね・・・残念。

バリアフリーで館内へ入ることができます。

img_5085.JPG

広々とした風除室内には、車イスも設置。

img_5088.JPG

受付横に直ぐに行けるのですが、健常者と全く違う動線になるのが、

少し気になりました。

最後になりますが、絵本から飛び出たような、とてもメルヘンチック

施設は如何でしたか?

奇抜で自由な発想は、藤森氏ならではの設計ですね(驚)

竣工して1年以上経っても、休日には入場制限されるほど大盛況で・・・

ラ・コリーナ近江八幡も、今や滋賀県の観光名所来場者数がトップに

迫る勢いだそうです。

本当に素晴らしいヒントが、この施設の何処かにあるのではないでし

ょうか?

滋賀からは日帰りドライブとしてちょうどイイ距離なので、是非とも

のぞいて見てください!

【設計データ】

設 計:藤森照信(エイ・ケイ、エース設計共同体)

所在地:岐阜県多治見市笠原町2082-5

用 途:美術館

構 造:鉄筋コンクリート造

規 模:地上4階

竣 工:2016年6月

掲 載 :新建築2017年1月号