石水(せきすい)博物館

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第94回目です。

あけましておめでとうございます。

今年の夏には掲載100回を迎えますが、三陽アートギャラリーを

引き続き、宜しくお願い致します!

さて、平成30年がスタートしました。

新年最初に紹介するのは、三重県津市にあります「石水博物館」です。

江戸時代の伊勢の豪商・川喜田家の旧蔵資料を収蔵・展示しています。

設計は、清水建設㈱一級建築士事務所。

初めての登場ですね・・・

伊勢自動車道・津インターを降りて、市街に向いて15分ほど走った

ところにあります。

img_5516.JPG

敷地入口にあるRC打放しの門扉。

img_5517.JPG

コンパクトなショーケースと一体になっていますね!

img_5518.JPG

車だと、見逃してしまいそう・・・(笑)

駐車場から建物全景を臨む。

img_5747.JPG

袖壁と庇を連続させる、今どきの手法ですね・・・

img_5749.JPG

目につかない側面も、ちゃんとデザインされています。

img_5550.JPG

搬入口がここにあるということは、きっと裏側にはスペースが

無いんでしょうね・・・

img_5539.JPG

しかしながら、ここにゴミ箱があるのはNGです。

img_5529.JPG

駐車場からの入口。

img_5528.JPG

玄関へは、長いアプローチを進んでいきます。

img_5563.JPG

まっすぐに伸びたスロープがイイ感じです! 

img_5569.JPG 

縦のラインを強調したカ-テンウォール。

img_5741.JPG

ようやく入口に辿り着きました(笑)

img_5573.JPG

建物は、かなり高い位置にあります(驚)

img_5575.JPG

振り向くと、古めかしい洋館がありました・・・

img_5574.JPG

石水博物館の旧館でしょうか?

正面から風除室を見る。

img_5576.JPG

建物銘板はRCに掘り込んでいます!

img_5581.JPG

img_5580.JPG

風除室内の什器はシンプルに配置されていて、GOODです!

img_5582.JPG

風除室の奥は、何とガラス張りです(驚)

img_5585.JPG

とてもユニークな手法ですね・・・

室内に入ると、上品な受付が入館者を迎えます。

img_5594.JPG

オープンとなった事務室と一体です。

脇には、定礎板と設計者&施工者の銘板が並んでいます。

img_5598.JPG

ホール側から風除室を見る。

img_5586.JPG

小さくても存在感のあるソファー。

img_5590.JPG

施設のグッズが販売されているスペース。

img_5591.JPG

展示室は各階1室ずつのようです・・・

img_5597.JPG

展示室に行く前に、恒例のトイレチェック(笑)

とても見やすく、大きなピクトサイン。

img_5604.JPG

男女&車椅子兼用?

img_5605.JPG

中をのぞくと、個室になっていました・・・

img_5611.JPG

この規模の施設なら、これで十分ですね!

AEDは、もう少し他に置き場所が無かったのでしょうか?

img_5603.JPG

まずは、1階の第1展示室から・・・

img_5641.JPG

「齋藤拙堂展」との垂れ幕が・・・

img_5624.JPG

展示室内部の雰囲気。

img_5645.JPG

展示室を抜け、カーテンウォールに沿った廊下を通って、手前に戻

ります。

img_5647.JPG

ふと天井に目を向けると、天井もRC打放しになっていました(驚)

設備機器が綺麗に埋め込まれています・・・

img_5649.JPG

施工技術の高さが伺えますね!

続いて、EVで2階に上がってみます。

img_5629.JPG

かなり地味な色合いですね(笑)

基本的に、2階も1階と同じレイアウトのようです。

img_5668.JPG

2階の第2展示室。

img_5682.JPG

第2展示室の奥には、「山里茶席」が再現されています。

img_5700.JPG

2階廊下。1階と見間違えるほどです・・・(笑)

img_5685.JPG

カーテンウォールが少し結露しています。

img_5706.JPG

階段で1階へ・・・

img_5672.JPG

照明を絞ってイイ雰囲気ですが、少し危ないかも。

初めに見た洋館の解説パネルがありました。

img_5602.JPG

「千歳文庫」 とあります。

img_5600.JPG

設計者は「前田健二郎」。竣工は昭和5年です!(驚)

img_5601.JPG

今見ても、斬新な平面ですね・・・

登録有形文化財になっていますが、もっとアピールするべきですね!

最後になりましたが、シンプルでありながら、とても洗練されたデザ

インの博物館はいかがでしたか?

RCの打ち放しはとても綺麗で、さすが清水建設の設計施工作品だと

感じました!

滋賀県から結構近いので、是非とものぞいて見てください。 

 【設計データ】

設 計:清水建設㈱一級建築士事務所

所在地:三重県津市樽垂水3032番地18

用 途:博物館

構 造:鉄筋コンクリート造

規 模:地上2階

竣 工:2010年3月

掲 載 :-