龍谷ミュージアム

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第110回です。

新年号「令和」、大変におめでとうございます!

これからも、どんどんブログを更新していきますので、宜しくお願い致します。

さて、メモリアルとなる今回は、京都市下京区にあります「龍谷ミュージアム」を紹介します。

設計は、日本最大手の日建設計。

2カ月連続となりましたが、たまたまです(笑)

京都駅から徒歩10分位のところにある西本願寺。

img_1526.JPG

「龍谷ミュージアム」は、その向かい側にあります。

img_1530.JPG

ゴールドの銘板が、何となく仏教的です(笑)

img_1531.JPG

大きな簾のようなファサードが印象的!

img_1289.JPG

3次元曲線は、風で撓んでいるようにも見えます(驚)

ディテールは、こんな感じです。

img_1297.JPG

早速、中に入ってみます・・・

img_1314.JPG

入口?と思いきや、カフェのようです。

img_1320.JPG

光と影のコントラストが絶妙!

img_1322.JPG

エスカレーターで、地下1階の玄関へ・・・

img_1517.JPG

シンプルで上品な風除室。

img_1516.JPG

斜めにせり出した傘立て。

img_1509.JPG

何と、ガススプリングがついています(驚)

不要な時は、壁面に収納できる訳ですね!

建物は素晴らしいのに、マッチしない傘立てが置いてある事が多いので、とても良いと思います。

中に入ると、広々としたエントランスホールがあります。

img_1390.JPG

建物の高さを抑える為に、グランドレベルを地下1階にしているそうです。

木製のルーバー天井がイイ感じです! 

img_1394.JPG

石積みの内壁。

何故か?あまり違和感はありません。

控え目なサインですが、とても見やすいです。

img_1491.JPG

ロッカールーム。

什器(ロッカー)は、とても落ち着いた色合い。

ここで恒例のトイレチェック!

ブラックを基調としていますが、少し暗すぎるかも・・・ 

オープンカウンターで入場券を購入。

img_1503.JPG

展示は3階から下に降りる、オーソドックスな形式です。

img_1419.JPG

ミュージアムシアターでは、45分の映像が流れていました(笑)

img_1412.JPG

終了後、突然スクリーンが開き出しました(驚)

img_1416.JPG

外を眺めると、西本願寺が見える憎い演出!

img_1417.JPG

階段で下へ・・・

中心部分が照明で明るく、手摺のシルエットが芸術的に見えます(驚)

ランダムに入れた小窓の不規則感が、何とも言えません・・・

1階からエントランスホールを臨む。

img_1447.JPG

再び地下1階へ・・・

初めは気付きませんでしたが、たくさんの賞の数々(驚)

img_1384.JPG

納得です!

地下1階のレベルには、大きな中庭がありました。

RC打放しのグレーと、チャーコルグレーの外壁がとてもマッチしてますね!

金属板?と思いきや、RCの上に塗装仕上げでした(驚)

img_1369.JPG

階段を上がって裏通りへ・・・

とても立派な、裏口ですね(笑)

img_1346.JPG

車いす用駐車場がありました。

img_1356.JPG

床に彫り込まれた車いすマーク。

img_1357.JPG

高級感あふれるリン酸仕上げの屋根。

img_1353.JPG

駐輪場も、ちゃんと整備されています。

img_1348.JPG

大道具搬入口。

軒先&ケラバの納まりもGOODです!

img_1360.JPG

裏と表を結ぶ通路。

最後になりましたが、仏教の総合博物館「龍谷ミュージアム」はいかがでしたか?

完璧なディテールや落ち着いた色彩、バランスの良さは、さすが日建設計ですね(驚)

最近では群を抜いた、完成度の高い建物だと思います。

滋賀県からはとても近いので、GWに是非とものぞいてみてください!

【設計データ】

設 計:株式会社 日建設計

所在地:京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)

用 途:博物館

構 造:鉄骨造 鉄筋コンクリート造 鉄骨鉄筋コンクリート造

規 模:地上3階、地下1階

竣 工:2010年7月

掲 載 :新建築2011年4月号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です