五稜郭タワー

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第111回です。

今回は、函館市にあります「五稜郭タワー」を紹介します。

北海道の作品は、ブログ始まって以来です・・・(笑)

ツアー旅行で見学したので、あまり時間が無かったのですが、早速のぞいてみたいと思います。

設計は、清水建設の北海道支店。

設計施工ですね!

バスを降りると、真っ白い塔がそびえ立っています。

展望部分は、やはり五角形ですね・・・

img_1925.JPG

低層部分もボリュームがあります・・・

img_1851.JPG

丸い窓はガラスブロックでしょうか?

img_1929.JPG

遊び心一杯です(笑)

外壁に付けられたルーバー。

最近は木製ルーバーが流行りですが、当時はスチールですね・・・

ルーバーのディテール。

img_1927.JPG

施設の案内銘板を発見!

img_1933.JPG

色使いが良く、とても見やすいです。

メインの入口から、中に入ってみます。

img_1923.JPG

1階チケット売り場に掲示された、全日本タワー協議会の看板。

img_1954.JPG

思ったより、たくさんありますね(驚)

EVで最上階へ・・・

img_1868.JPG

展望室は、奥行きが少し浅めの感じです。

img_1905.JPG

ガラスがかなり傾いていますね(驚)

ガラス越しに外を眺めると・・・

img_1854.JPG

はっきりと、五稜郭(五角形)を確認することができます!

函館市内を一望。

img_1858.JPG 

外壁(ガラス)廻りのディテール。

柱脚はステンレス巻き。

再び展望室内部に目を向けると・・・

内壁を利用したパネル展示があります。

img_1874.JPG

五稜郭(当時)の模型?

img_1861.JPG

緑(樹木)がありませんね(笑)

床に嵌め込まれたガラス製の床を発見!

お決まりの演出ですね(笑)

ここで、恒例のトイレチェック!

img_1884.JPG

何だか、通路が狭いです・・・

中に入ると、一人用でした(笑)

帰りは1フロア下からEVに乗ります。

降り口は2階です。

img_1917.JPG

2層吹き抜けとなった低層棟の内部。

img_1919.JPG

イベント用のステージでしょうか?

img_1939.JPG

何やら銅像が展示されています・・・

img_1940.JPG

幕末の志士、土方歳三。

img_1942.JPG

最後になりましたが、函館の名所である五稜郭タワーはいかがでしたか?

近くに函館空港があり、航空法で108m以下にする必要があったらしく、高さは107mになっています。

決して高層の展望台ではありませんが、五稜郭をはっきりとみることができ、結構イイ感じでした(笑)

今年は戊辰戦争終結150周年のメモリアルイヤーなので、北海道に行かれた方は、是非とものぞいてみてください!

【設計データ】

設 計:清水建設株式会社

所在地:北海道函館市五稜郭町43-1

用 途:展望施設

構 造:鉄筋コンクリート造(タワー部)、鉄骨造(低層部)

規 模:地上6階、塔屋1階

竣 工:2006年3月20日

掲 載:新建築2008年2月号