岡崎市美術博物館

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第113回です。

ようやく梅雨も明け、本格的な夏が到来の8月、皆さんお元気ですか?

今月紹介するのは、愛知県岡崎市にあります「岡崎市美術博物館」です。

設計は、栗生明氏。

あまり馴染みが薄いかも知れませんが、千葉大学名誉教授で平等院鳳翔館の設計も手掛けています。

では、早速のぞいてみたいと思います!

建物は、岡崎市中央総合公園内にあります。

img_1675.JPG

愛称は「マインドスケープミュージアム」

ガラス張りのシンボリックな外観が印象的!

img_1594.JPG

ここが、正面玄関でしょうか?

とても珍しい、自動の開き扉(驚)

慣れていないと、少し危険な印象・・・

中に入ると、格好いい受付カウンターがあります。

img_1604.JPG

が、誰も居ません・・・(笑)

天井に設置されたロールカーテン。

夏場はとても暑そう(笑)

奥に進むと、すぐにエスカレーターがあります。

下に降りると、もう一つ受付カウンターがありました。

img_1619.JPG

ここでチケットを購入し、展示室に向かいます。

img_1651.JPG

「チェコのデザイン展」が開催されていました。

ここで恒例のトイレチェック!

img_1627.JPG

シンプルなサインですが、とても見易いです。

壁&床面が総石張りで、とても高級感があります・・・

再び、エスカレーターで上にあがります。

下から見ると、かなりの高低差にビックリ!

受付向かいにあるのは、情報(図書)コーナーでしょうか?

img_1692.JPG

施設案内板を発見!

展示室との動線が長く、少し違和感があります・・・

ミュージアムショップから屋外へ・・・

正面に見えるのはレストラン。

img_1590.JPG

シンボリックな、逆アールの大屋根。

img_1696.JPG

ここから見える景色は壮大です!

img_1585.JPG

建物裏側からは、階段&スロープで下まで降りることができます。

img_1587.JPG

まるで迷路のよう・・・(笑)

下から建物全体を臨む。

img_1681.JPG

かなりのボリュームにビックリ!

正面に広がるのは、恩賜池。

img_1685.JPG

周囲には遊歩道が作られています。

最後になりますが、自然あふれる公園に中に作られた美術博物館はいかがでしたか?

敷地の高低差を活かした計画はダイナミックな建物を作り出す一方で、オーバースペックにならざるを得ないマイナス面があるのも事実です。

今、同じ建物を設計するなら、もっと違うアプローチ方法があるかも・・・と感じました。

滋賀県からは少し遠いですが、是非とものぞいてみてください! 

【設計データ】

設 計:栗生明/㈱栗生総合計画事務所

所在地:愛知県岡崎市高隆寺町峠1番地

用 途:美術館・博物館

構 造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造

規 模:地上2階、地下1階

竣 工:1996年11月

掲 載 :新建築1996年11月号