福井市にぎわい交流施設 ハピテラス

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第135回です。

京都・大阪・兵庫に緊急事態発令中で、取材に行きにくく、今月も福井の作品を紹介します・・・

今回はJR福井駅前にあります「福井市にぎわい交流施設 ハピテラス」です。

設計は大手組織事務所のアール・アイ・エー。

初めての登場かも知れません・・・

では早速のぞいてみたいと思います!

恐竜を全面にアピールしたJR福井駅(笑)

福井県公式キャラクターがお出迎え。

駅の南側に見えるのが、「福井市にぎわい交流施設」です。

バスターミナル沿いに進んでいきます。

雪国なので、雨&雪よけはバッチリです!

庇のディテールが素晴らしい。

正面から建物を望む。

高層部はマンション、低層部は複合施設になっています。

「ハピテラス」と命名された巨大な屋根付き広場。

とても印象的な屋根庇にビックリ!

内部はこんな感じです

様々なイベントが開催されているようで、

今日は、「ふくいキッチンカーLUNCHI」との案内がありました・・・

大きなTVが設置されています(驚)

コロナのニュースばかりです・・・

ガラスの取付け金物が凄い(驚)

上を見上げると、巨大なトップライトがありました。

エスカレーターで2階へ・・・

2階から「ハピテラス」を見下ろす。

続いて、施設内へ入ってみます。

1&2階は飲食&物販エリア。

エスカレーターで3階へ・・・

3階は「ハピリンホール」があります。

ここはホワイエでしょうか?

「ハピリンホール」の入口。残念ながら、内部は見れず・・・

ホールの案内板を発見!

能舞台があるんですね(驚)

ここで、恒例のトイレチェック。

とても見やすいサイン。

ピクトもお洒落で恰好イイです!

高級感溢れる、ブラウン系のシートで統一。

4階はスルーして、5階の福井県自然史博物館分館へ・・・

セーレンという地元企業が命名権を得て、「セーレンプラネット」となっています。

内部は、宇宙の神秘がテーマになっていて、

プラネタリウムも見ることができます。

5階から「ハピリンテラス」の屋根を望む。

ちゃんとメンテできるようになっていますね。

屋内階段で一気に1階へ・・・

建物裏側から、高層マンション棟を見上げる。

地上91m、福井県で一番高い建物だそうです(驚)

億ションなのかなぁ~?

ここがマンションの入口。

福井駅から雨に濡れずに行くことができます!

最後になりましたが、福井駅前再開発事業で誕生した「にぎわい交流施設」はいかがでしたか?

当初はホテルやNHK福井放送局を誘致する予定でしたが、いずれも頓挫したそうです。

高層棟は住宅のみになり、低層部には代わりにプラネタリウムが入館しました。

福井は雪国なので、屋根に対する意識が高いように感じました。

そういった意味では、「ハピリンテラス」はとてもイイ空間だと思います。

冬季はスケートリンクにもなるそうなので、是非とものぞいてみてください!

【設計データ】

設 計:株式会社アール・アイ・エー

所在地:福井県福井市中央1丁目2-1

用 途:複合商業施設+マンション

構 造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造

規 模:地上21階 地下2階

竣 工:2016年4月

掲 載 :-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です